commune

PARIS CITY GUIDE

パリ 2019年夏のソルド情報

パリ 2019年夏のソルド情報について書いていきたいと思います。

f:id:paris_commune:20190607133732j:image

 

フランス語でセール/バーゲンの事をSolde (ソルド)と言い、夏と冬の年2回行われています。


ソルドの時期、期間、ルールは厳しく国の法律で決められていて、最新のソルド情報について、フランス政府のHPなどで確認する必要があります。

 

f:id:paris_commune:20190607133825j:image
https://www.economie.gouv.fr/dgccrf/vers-reduction-duree-des-soldes-en-2019

(画像はHP 本文引用)


フランス政府の発表内容によると、

 

2019年 パリ 夏のソルド開催期間:

2019年 6月26日 (6月最終水曜日) 朝8:00 開始

2019年 8月6日 火曜日 (6週間) 終了

となっています。


パリ旅行がソルド時期に当てはまれば、お得ですね。物と為替の状況にもよると思いますが、日本で購入するより安い印象が強いです。

 

洋服だけでなく、雑貨、食器なども値下げが始まります。一部のハイブランドは、店舗でもソルド開催しています。(マルジェラとかドリスとかLanvinとか)


フランスのソルドのルールには、ソルド開始の1ヶ月前に店頭で販売してある商品でないと、ソルドに出来ないという項目があります。


これは逆を言えば、6/25火曜日(前日)に店頭にあったものでも翌日30%-40%オフになるという事です。

 

「パリジェンヌは、ソルドで上手にお買い物」

 

とは聞きますが、どうやってるのか実態を調査したかったので、ルームシェアをしていたエールフランスのCAの女性に、

 

「いつも Soldes 行くでしょ?」って聞いてみました。

 

「Solde でしか買い物しないよ。ソルド前日にブランドの店舗行けば、ソルドの為の準備してるから、どんな商品が値引きされるか事前に目星をつけられるわよ。」


・・・。笑

 

予備知識

ソルドの開始が水曜日なので、毎水曜日ごとに値引き額が上がっていく特徴があります。

 

その場面で、目にするフランス語をまとめます。

 

Des remises 40% (デ・ルミーズ・40%) 40%割引

La 2éme démarque (ラ・ドゥーズィエム・デマーク) 2度目の値下げ

Nouvelle démarque (ヌーベル・デマーク) 再値下げ

Derniere démarque (デルニエー・デマーク) 最後の値下げ


値札を見て、これどういう意味かなと思ったら、このブログを何となく思い出して想像で乗り切りましょう!


ソルド商品でも観光客は、1店舗で合計€175以上のお買い物で免税の手続きも可能なので、パスポートも忘れずに。


セールの参加には、情報収集は重要ですよね。

 

毎シーズン、ソルド時期が近くなったら、このサイトで詳細を書いていこうと思います。では次回のソルド情報は、1月頃の2020年 パリの冬のソルドで!