commune

PARIS CITY GUIDE

【Maison Aleph】パリで初体験したレヴァント菓子は可愛いらしい小さなサイズに魅力が凝縮!

f:id:paris_commune:20200110134550j:image

可愛らしい雰囲気が漂う、マレ地区の小さなブティック Maison Aleph (メゾン・アレフ)では、日本ではあまり聞き馴染みのない『レヴァント菓子』が販売されています。

 

レヴァントとは、シリア、レバノン、トルコ、ヨルダン、イスラエルを含む地域の事。

 

中東のお菓子のイメージは蜂蜜、カスタードクリーム、シロップ、くるみ、アーモンド、ピスタチオが主流で使われおり、ビックリする程甘いのが特徴的で、それがコーヒーや紅茶とよく合うといった感じでしょうか?

 

しかしコチラの Maison Aleph では、その過度な甘さのない、上品な味わいで美味しいと評判を集めています。

 

パリを訪れた機会に、ぜひ日本ではあまり体験する機会のないお菓子も!

 

今日はそんな想いで、マレ地区の可愛らしいパティスリー Maison Aleph を紹介します😌

 

LOCATION

f:id:paris_commune:20200110134709j:image

最寄り駅は Metro1,11番線 Hôtel de Ville です。そぐ側には、マレ地区のデパート BHV があります。

 

ATMOSPHERE

f:id:paris_commune:20200110134729j:image

店内に入ってすぐ目に入るショーケースには、可愛らしい小さなサイズのレヴァント菓子が並んでいます。


よく見ると、お菓子のベースになっているエンジェルヘアーのパスタみたなものが、とても繊細です。これは kadaïf (カダイフ麺) というそうで、ここまで細かいカダイフはないと評判なんだとか。

 

看板メニューは、クリームが乗った Nids Pâtissiers (ニ・パティシエ) と丸い Nids Voyage (ニ・ヴォワヤージュ)、そしてパイ生地の1001 Feuilles (ミルエユヌ・フィーユ)です。

 

各アイテム、味の種類も豊富で、いずれも小さなサイズに美味しさが凝縮されています。どれにしようか迷います。マカロンを購入する時の感じに近いですね。


f:id:paris_commune:20200110134759j:image

Maison Aleph では1個から購入ができます。また Nidsのセット、1001 Feuillesのセットという風に、可愛らしいブルーの箱詰めでの販売もされています。

 

こじんまりとした店内には、イートインスペースも数席設けられているので、1個だけ買って、その場で食べられる点が旅行者には嬉しいですよね!

 

ぜひマレ地区にお越しの際は Maison Aleph で、レヴァント菓子を体験してみてはいかがでしょうか😌

 

INFORMATION

アドレス: 20 rue de la Verrerie, 75004, Paris

営業時間: 月-金 11:00-20:00 土,日 10:00-20:00 定休日なし

HP: https://www.maisonaleph.com