commune

PARIS CITY GUIDE

【雑記録 08】


さぁ、どんどん2019年を振り返る時期。そして2020年に繋げる時間でもある。


2020年SSのミラノとパリのコレクションウィークで、活動開始から2カ月というキャリアで、PRADA や LOUIS VUITTON をはじめとするビッグメゾンのショーに抜擢された日本とフランスのハーフモデルをご存知か?


そのハーフモデル美佳 は2001年フランス・パリ生まれの18歳で、フランス語、英語、日本語を話すトリリンガルだ。


PRADAが起用する新人モデルは、一気に業界で注目を浴びトップモデルの仲間入りを果たす。

 

そういう視点を持って PRADA のコレクションを今後チェックすると、違った一面が見えて楽しみが増えるかもしれない。


話は戻るが、そんな 美佳 には来シーズン以降のショーでの活躍や、ブランドのワールドキャンペーンや雑誌のエディトリアルなど、今後に期待は高まっているわけ。


でも僕が今回取り上げたいポイントは、ここから!


WWD JAPAN が『どうしたらランウェイモデルになれるの?』という質問に答えるべく、実際にパリのファッションウイークで活躍しているモデルにバックステージでインタビューしている YouTube動画 での美佳。


動画はコチラ: https://youtu.be/QTknGI1EPxI


彼女は、『海外に出ることを恐れないこと。ルックスとかはデザイナーさんによるので、海外に出ることを恐れなずに、どんどん行くということで自分をどううまく見せるかが大事です。あとは人それぞれなので、何が起きるか分かりません。』と答えている。


先入観を捨て、恐れずに行動を起こす事の重要性を提示する上で、この言葉を借りたいと思う。


というのも、僕は2020年は大きくチャレンジする年にしようと思っているからだ。


長く携わっているモード業界とは少し距離を置いて、新しいジャンルに挑戦してみようという事。その為にパリと日本を行き来する生活にしようとしている事。


具体的な話をすると長くなるので割愛するけれど、その為に必要なのは、先入観を捨て、恐れずに行動を起こす事なのだ。ずっと、そうやってきたハズだ。


僕は、2019年のこの18歳のモデルに再確認した。今回は、そういう話。


皆さんはどんな2020年にしますか?😌


おしまい