commune

PARIS CITY GUIDE

【À Paris chez Antoinette Poisson】パリのエスプリが詰まった素敵なアートが買える場所

f:id:paris_commune:20190916212312j:image

18世紀のパリと壁紙を愛する美術修復家、ジュリー・ストルディオ、ヴァンサン・ファレリィ、ジャン=バティスト・マルタンの3人が2012年に立ち上げたブランド Antoinette Poisson (アントワネット・ポワソン)。

 

そのブランド名はルイ15世の美人公妾、ポンパドール夫人の本名 Jeanne-Antoinette Poisson から名付けられ、壁紙やペーパーオブジェ、リネンやコットンの小物など、18世紀の趣を素材感豊かにデザインしている、世界中で注目されているブランドです。


18世紀の印刷機を使って、壁紙 Papier Dominoté (ドミノ・ペーパー)を当時の手法で一枚一枚手作りで仕上げており、伝統を尊敬しながら新しいものづくりを続けいます。


そんなパリのエスプリが詰まった素敵なアートが買える場所、それが今回紹介する Antoinette Poissonです。

 

LOCATION

f:id:paris_commune:20190916212345j:image

バスティーユ広場から徒歩数分の閑静な場所にAntoinette Poissonのアトリエがあり、その場所がブティックとしてオープンしました。最寄り駅は Metro 5番線 Bréguet-Sabinです。

 

PRODUCT

f:id:paris_commune:20190916213649j:image

フランス産の手すき和紙を使用しており、モチーフが彫られた版に黒いインクをのせ、手で紙に刷り込んだ後、線画部分にステンシルで色を重ねていきます。

 

手で刷ることにより、一枚一枚が少しずつ違った表情をしています。また、配色では18世紀に使われていたフランスの伝統色を再現するために何度も調色を行います。

 

f:id:paris_commune:20190916214142j:image

製造はパリのアトリエにて、すべての工程が手作業で行われている為、1日5,6枚の製作が限度だそう。

 

f:id:paris_commune:20190916214155j:image

アンティーク家具でまとめられた店内には、ドミノ・ペーパー(壁紙)、ペーパーオブジェ、プリント生地などのオリジナルアイテムを始め、コラボレーション商品、アンティークなどの取り合いがあります。


伝統を尊敬しながら新しいものづくりを続ける Antoinette Poisson の作品に触れ、Made in Paris を帰国後の生活空間に取り入れてみてはいかがでしょう。

 

INFORMATION

アドレス: 12 rue Saint Sabin, 75011, Paris

営業時間: 火-金 11:00-19:00 土12:00-19:00 日,月 休み

HP: https://www.antoinettepoisson.com

 

《ADDITIONAL NOTE》

近所で合わせて立ち寄りたいスポット

Cour Damoya (ノスタルジックな路地)

過去記事: https://www.paris-book.com/entry/courdamoye

BACK IN BLACK (カフェ)

過去記事: https://www.paris-book.com/entry/backinblack