commune

PARIS CITY GUIDE

【7月】パリの天気/気候/服装/一般情報/デモ情報

7月 ( juillet ) のパリの天気、気温、降水量、服装、一般情報、デモ情報をご紹介します。

f:id:paris_commune:20190630121245j:image

【7月の平均気温・降水量】

  • 最高気温: 25℃
  • 最低気温: 15℃
  • 降水量: 7.9mm

7月のパリの平均気温は日本に比べて低く、湿気も少ない為、気温の割に涼しく快適に過ごしやすい気候です。とはいえ、30度を超える日も数日ある為、天気予報の確認と熱中症の対策は必要になります。


日本は梅雨の時期に入りましたが、パリの7月の降水量はかなり少なく、滞在期間中ずっと雨天という心配はないと思います。また夏のパリは22時過ぎまで日が落ちないため、夜遅くまで街歩きを楽しめます。

 

パリ・プラージュといってセーヌ河岸にビーチが出来たり、フランス人の気持ちが8月のバカンス休暇へ向かう天候です。

 

【7月の服装】

基本的に、日本の夏と同じスタイリングをイメージして準備して頂ければ問題ないと思いますが、日中と朝夜の寒暖差が 10℃ あるので、羽織れるアイテムの準備が必要です。

 

また7月のパリは日差しが強い為、紫外線対策は必須です。日焼け止めなどの普段の対策スタイルでも十分ですが、サングラスはあった方が便利ですね。

 

【7月の特徴】

7月のパリは革命記念日 (7月14日) の祝日行事や、ツール・ド・フランス、その他多くのイベントが開催され、観光客で賑わうシーズンになります。


日本からの航空運賃に影響はありませんが、行事やイベントが多い時期はホテルの宿泊料金は普段と比べて、少し高くなる傾向にあります。ホテルは早めの予約をオススメします。

 

 

【Gilets Jaunes】

昨年よりフランス各地で行われている Gilets Jaunes (黄色いベスト運動)と呼ばれるデモ活動ですが、旅行を計画されている方々は不安に感じている方が多いと思います。


最近は、パリの観光地や中心部でのデモ活動は見かけず普段通りの生活状況ですが、デモは引き続き継続しており、やはり注意は必要です。


在フランス日本国大使館より注意喚起メールが届きますので、緊急時は Instagram の投稿でお知らせいたします。(@tamurakihiro) 旅行直前や旅行中にチェックしてみて下さい。

 

 【まとめ】

7月は旅行者にとって、1年の中で最もパリ旅行を快適に満喫できるシーズンと言っていいと思います。

commune の情報が皆さんの計画の役に立ち、安全にパリ旅行が楽しめますように。

Bon voyage!